2017年夏から2018年にかけて気になるゲームまとめ(自分用)

まったきニートであるわたしにとって、ゲームはすなわち人生である。ゲームをしているときには喜びを感じ、楽しさを味わい、嬉しい気持ちでいっぱいになる。誰か他の人とオンラインで、あるいは差し向かって協力プレイをするのでもいいし、一人で黙々とソフトと向き合うのでもいい。とにかく面白いゲームで遊びたい。その願いを叶え続けてくれているゲーム関連各社には感謝しかない。ありがとうそしてありがとう。

だがしかし、繰り返すが、わたしはニートで、暫定余生を送っている身である。すべての気になるゲームを試してみるほどの財力が無い。貧しているので鈍している。かなしい。
とにかく、遊ぶゲームソフトは厳選に次ぐ厳選が必要である。このエントリは自分用に遊びたいゲームソフトをまとめただけのものになる。任天堂のハードが好きなのでほぼそれだけになっている。

これから発売のソフト

スナックワールド トレジャラーズ

www.youtube.com
www.snack-world.jp
3DS7月13日8月10日発売。4,800円(税別)

レベル5の新作RPGクロスメディアプロジェクトの第4弾。すでに漫画、アニメは公開されている。
絵がかわいい。ただ「ジャラ」と呼ばれる物理アイテムを集める気がないので、ゲームを十分に遊べるのかどうかが不安。妖怪ウォッチもメダルなくてもなんとかなるし、多分平気なんだけれども。


ever oasis 精霊とタネビトの蜃気楼

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp
3DS。7月13日発売。4,980円(税別)

任天堂の新作アクションアドベンチャーRPG。絵がかわいい。
生き残ったタネビトである主人公が、カオスによって世界から失われたオアシスを作り守り育てながら、砂漠で冒険をしていく物語。
スナックワールドと発売日が同じなので買うとしてもどちらかなのだけれど、悩ましい。悩まれる。街を育てる的要素が苦手でもあるので、そこもネックだ。

レイトンミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀

www.youtube.com
www.layton.jp
3DSiOSAndroid。7月20日発売。3DS版4,800円(税別)、スマホ版1,900円+アイテム課金。(ただし課金なしでもエンディングまで遊べる)

レイトンシリーズの正式続編。主人公はレイトン教授の娘、カトリー。このカトリーがレイトン探偵社を開くことから物語は始まる。しゃべる犬シャーロとともにさまざまな問題に立ち向かっていく。
謎はすべてゴースト暗算*1の岩波邦明による完全新作。
謎の出来が気になる。普通に欲しいけれど、スプラトゥーンの前日なのもネックなのだ。

スプラトゥーン

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp
Nintendo Switch。7月21日発売。5,980円(税別)

スプラトゥーンの二作目。前作は700時間くらい遊んでいる。2は1より複雑になっている気がしている。
すでにDLカード購入済み。これは買わないという選択肢がなかった。すごく楽しみ!

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com
www.dq11.jp
PS4Nintendo3DSNintendo SwitchPS43DSは7月29日発売。PS4版8,980円(税別)、3DS版5,980円(税別)。

伝説の勇者の生まれ変わりとして主人公は旅に出る。しかしそこで語られた真実とは…

PS4版は大画面で綺麗な映像で遊びたい人向けと思われる。
3DS版はドラクエ9みたいな3DS表示と6以前のような2D表示が選べる。また、3DS版にはすれ違い通信がある。
Switch版については詳細は何もわからない。発売日も不明。

Switch版まで待つつもりをしていたが、先日のドラクエDirect(上の動画の3つ目)を見て俄然3DS版を買う機運が高まっている。しかしスプラトゥーン2の翌週ということもあって、積んでしまわないかどうかが心配。

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-

www.youtube.com
www.capcom.co.jp
3DS。8月3日発売。パッケ版5,800円(税別)、DL版5,546円(税別)

買う。前作でのシャーロック・ホームズの「論理と推理の実験劇場」がすごく好きだったので楽しみ。

モンスターハンターXX Nintendo Switch ver.

www.youtube.com
www.capcom.co.jp
Nintendo Switch。8月25日発売。パッケ版5,800円(税別)、DL版5546円(税別)

3DSモンハンXからデータをほぼ引き継ぐことができる。3DSのモンハンXXとは互換セーブ対応。オンラインマルチプレイ3DS版の人ともプレイ可能。

これ本当に悩ましい。モンスターハンターが面白いのはわかっているのだけれど(累計200時間くらいしかプレイしてない初心者だけど)、switchでの触り心地はどうなんだろうか。3DSでしかやったことがないので、下画面のマップやワンタッチでアイテムが使えることに慣れきっている。様子見かなあというところ。

UNDERTALE

www.youtube.com
undertale.jp

PS4PSVita、STEAM。2017年夏発売。価格未定。

誰も死ななくていいやさしいRPG
かなり話題になっていたけれど英語で遊ぶのがめんどうくさくってやっていなかったゲーム。
日本語版がでるということなので、気になる。

スーパーマリオオデッセイ

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp
Nintendo Switch。10月27日発売。価格未定。

とある地球が舞台。マリオサンシャイン以来の「箱庭マリオ」
現代の街中をバイクで疾走するマリオが見られるなんて素敵だ(マリオカートで見てるだろうというツッコミは置いておく)。
今作ではマリオの帽子に扮した、帽子の国の住人「キャッピー」との旅になる。このキャッピーはアイテムとして使ったり、敵にかぶせてのりうつったりすることができる。
どんな操作感になってるかがすごい楽しみ。

ソニックフォース

www.youtube.com
sonic.sega.jp
Nintendo SwitchPS4XBOX ONE。2017年冬発売。価格未定。

3Dソニック。荒廃した都市が舞台?
個人的には2Dソニックより3Dソニックが好きなのでめちゃくちゃ気になる。

星のカービィ for Nintendo Switch(仮称)

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp
Nintendo Switch。2018年発売予定。価格未定。

敵にハートをぶつけると仲間にすることができる。4人までマルチプレイできる。など。
ぼっちでも敵を仲間にすれば良いのでそれはいいこと。カービィはロボボプラネットがかなり面白かったので、期待値が上がっている。


ヨッシー for Nintendo Switch(仮称)

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp
Nintendo Switch。2018年発売予定。価格未定。

工作でできた世界が舞台という設定。独特の質感のステージになっている。ダンボールってなぜか温かみがある。
2人協力プレイが可能。ヨッシーシリーズはコンプリートしようとすると結構難易度が高いけど、今作ではどうなっているだろうか。


すでに発売されてるソフトで気になるもの

ゼルダの伝説シリーズ

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD

www.youtube.com
www.nintendo.co.jp


昨年から今年にかけて、神々のトライフォース1(2はだいぶ前にやった)、時のオカリナ、ブレスオブザワイルド、夢をみる島とプレイしてきて、ゼルダの伝説をもっと遊びたいっていう気持ちが芽生えてきた。
スカウォはリモヌンっていうところがあんまりで、夢幻の砂時計大地の汽笛タッチペン操作っていうところがあんまりで、ムジュラの仮面は少しだけ遊んだけれど、時間制限があるのがどうしても苦手で絶対クリアできない。って考えるとこの二作をやってみたい。ただWiiUなのがネック。据え置き機は中断しにくいという欠点がある。
しかし、ここにきてスカウォの評判がなかなか高いことを知ってしまった。うおおおおおおお。

ここまで書いてきて

いろいろトレイラーを見てサイトも見てきたのと実際のところの折り合いをつけるとすると、次のような感じになる。

悩む

ヨッシーカービィの差は何かと聞かれると困るけれど、単純にキャラクターとしての好き度。