入院中の寂しさを紛らわせてくれたのは間違いなくMiitopiaだった

実は昨年10月から今年の3月まで入院していた。
当たり前だけれど入院生活は寂しい。お見舞いに来てくれる人もいたけれど当然毎日じゃない。友だちを作る気になれば作れたのかもしれないが、人見知りなのでそれもできない。来る日も来る日も窓の外の鳥たちや美しい夕焼けを眺めて、あとは眠ってしまうばかりだった。

誰かと話したい。誰かと遊びたい。誰かに優しくしてもらいたい。誰か! 誰か!!
そんなときに出会ったのがこのMiitopiaというソフトだ。

f:id:mah_1225:20170625145003j:plain
www.nintendo.co.jp

大魔王にカオをとられた人々の顔を取り戻しに行くというまあ単純なストーリー。
このゲームの最大の特徴は、登場人物が全て「Mii」という点だ。

Miiとは?

Miiとは、りんかくや顔のパーツや大きさ、髪型などを選んでプレイヤーが作るオリジナルキャラクターのことだ。
たとえば、わたしのMiiはこれ。再現度の高さには定評がある。

f:id:mah_1225:20170625141738j:plain

登場人物がみんなMiiで見ているだけで楽しい

登場人物がみんなMiiということは、旅の仲間や町の人から大魔王に至るまで自分の知り合いだけで構成することができる。全員知り合いのドタバタ劇が楽しめるのだ。

たとえば夫。
f:id:mah_1225:20170625142208j:plain

 
たとえばリア友。
f:id:mah_1225:20170625142512j:plain

 
たとえばツイッターのフォロワさん。
f:id:mah_1225:20170625142601j:plain

自キャラと仲間が全員(ネット上も含め)知り合いなのでめちゃくちゃ楽しい。まるでそこにいるみたいにコミュニケーションをとっていくキャラクターたちは、とにかく入院中で寂しかったわたしの癒しになった。わたしを模したキャラが友だちやフォロワさんを模したキャラとコミュニケーションをとっていくのを眺めていると、本当に自分が大切にされている気分になることができた。ありがとうそしてありがとう。

Miiの選択の仕方

Miiは、その場で作るか、Miiスタジオトモダチコレクションで作ったものがそのまま使える他、3DSのフレンドを使ったり、スマートフォンアプリのMiitomoからQRコードで連れてくることもできる。

「そんなに作れないよ!」「そんなにフレンドなんかいないよ!」という人には、「おすすめ」や「みんなのMii」などの機能があり、有名人や漫画の中の登場人物を利用したり他人が作ったMiiの中で人気が高いものを利用したりすることができる。

f:id:mah_1225:20170625143138j:plain
f:id:mah_1225:20170625143147j:plain

ただ、知り合いを登場人物にしたほうが絶対楽しいので、少なくとも「仲間」は連れてくるか手作りしたほうがよいと思われる。仲間は自分も含めて10人なので時間を割こう。

職業が面白い

仲間にはそれぞれ職業を割り当てていく。この職業がユニークで楽しい。

f:id:mah_1225:20170625144324j:plain
f:id:mah_1225:20170625144402j:plain
f:id:mah_1225:20170625144419j:plain

にゃーん。

その他、「せんし」「まほうつかい」「そうりょ」「とうぞく」といった定番のものや、「アイドル」「りょうりにん」「こあくま」「せんしゃ」「ひめ」といった謎めいた職業がある。

Miiたちの勝手な振る舞いがいちいち楽しい

みまもりシミュレーションというジャンル

このゲームはRPGではなく「みまもりシミュレーション」というジャンル名が与えられている。レベルを上げて魔物を倒して攻略していくのには違いないが、あくまでMiiたちを見守っていくのが主だ。Miiたちはそれぞれがそれぞれと関係を構築していき、それによって戦闘中などの行動も変わっていく。

Miiたちはそれぞれの二者間で「好きレベル」をもっている。
f:id:mah_1225:20170625145715j:plain

この好きレベルが上がっていくほど、戦闘中に相手のヘルプをしやすくなったり、身代わり行動をとったりするようになる。
f:id:mah_1225:20170625145858j:plain


この「好きレベル」をあげていくためには、プレイヤーは、好きレベルを上げたい二人をホテルの同室にするという手助けをすることができる。ただしできるのはそこまでだ。そこでどんな会話をして、どんなプレゼントを送りあって、さらに好きレベルを上げていくという段になるとMiiたちにまかせるしかない。誰か特定の二人だけを仲良くさせていると他の仲間が嫉妬することもある。とにかく人間くさくて楽しい。

また、戦闘中のコマンドも自キャラ以外は選択できない。そのため各キャラクターの性格などによって行動が変わっていくのも見守るしかないが、それがまたよい。

移動中や戦闘中のおしゃべりがとにかくかわいい

元々トモダチコレクションの頃から自分や友だちや知り合いを模したMiiたちが勝手にはしゃいでいるのが好きだ。実際の人間関係を無視して、自分の手を離れて新しい関係を作っていくのもいい。
Miitopiaでは移動中や戦闘時にMiiたちがコミュニケーションをとる。それが何よりとにかくかわいい。

しきってみたり、
f:id:mah_1225:20170625150501j:plain

 
旅路に思いを馳せたり、
f:id:mah_1225:20170625150650j:plain

 
弱音を吐いてみたり、
f:id:mah_1225:20170625150721j:plain

 
どうでもいいことを言ってみたり、
f:id:mah_1225:20170625150800j:plain

 
少しずれたようなセリフたちが愛おしい。だんだん本当に一緒に冒険しているような気持ちになってくる。

Miiたちは戦闘中も互いに声を掛け合う。
f:id:mah_1225:20170625150951j:plain
f:id:mah_1225:20170625151027j:plain

愛おしい。

全員が知り合いだからこその醍醐味

自キャラが仲間たちと協力して魔王を倒しに行くストーリーなので、そもそも仲間が知り合いだというだけで本当におしゃべりをしながら進んでいくみたいで、それがとても楽しい。入院中のひとりぼっちの部屋でなんどもMiiたちには笑わされたし、死んでしまったときには悲しくなるし、一緒に魔王を倒したときは「やったー」と声に出していた。Miiたちはわたしの中ではもう生きてそばにいてくれる友だちと一緒だったのだ。

また、繰り返しになってしまうのだけれど、友だちや知り合いを模したMiiたちが実際の人間関係を無視して、自分の手を離れて新しい関係を構築していくのがたまらなく面白い。知り合い同士じゃないMiiたちが仲良くなり、互いを庇い合い、手助けをしあい、ときに喧嘩をして、一つの目標に向かって冒険していく。その様を眺めるのは本当に楽しかった。

これから入院するぜという方にオススメです

縁起でもない。


Miitopia(ミートピア)

Miitopia(ミートピア)