Mr.Childrenのベストアルバムにもう一曲入れるとしたら

人生はMr.Childrenとともにあった

わたしの人生は中1から始まる。なぜならMr.Childrenに出会ったからだ。

それまでパッパラパーな小学生だったわたしは音楽にせよ文学にせよファッションにせよなんにせよ流行を追いかけることもなく、マイペースにちびまる子ちゃんサザエさんドラえもんロミオの青い空を見て子ども時代を楽しんでいた。ドラマもほとんど見たことがなかったし、中学受験が終わってからやっとマジカル頭脳パワーなる存在を知ったという体たらく。流行歌などまったく知らず、持っているCDは親に買ってもらったアニメソングのオムニバスCDと初めて自分で買った光GENJIの「勇気100%」だけだった。そんなものだから同級生たちに「安室とシャ乱QのCD買うならどっちだと思う?」と聞かれても「えっアムロってCD出してんの?」と的外れな返答をすることくらいしかできない。不憫。

そんなわたしがMr.Childrenに出会ったのは、ドラマ「ピュア」の再放送だ。たまたま親が熱心に見ていて、暇だったわたしも一緒に眺めていた。そこで主題歌、Mr.Childrenの「名もなき詩」には衝撃を受けることになる。「あるがままの心で生きようと願うから人はまた傷ついていく」なんてあんな切羽詰まった歌い方で歌われたら、コジコジのようにメルヘンの国に暮らしていたわたしも一気に現実に連れ戻される思いだった。しつこいけれど本当に一人だけメルヘンの国に暮らしていたので、まず「生きていく」ということ自体が曖昧だった。だからそう歌われて初めて「あー生きていくってそういう葛藤があるんだ」と気付かされた。パッパラパーな子どもが思春期へ足を踏み入れた瞬間である。音楽にも引き込まれた。ギター、ベース、ドラム。そのどれもがかっこよく、自分にとっては人生のブレイクスルーそのものだった。

それからMr.Childrenはわたしの人生と常に共にあった。好きな子と話をするときもミスチルの話(逃亡者、雨のち晴れなど)だったし、つまずいて後ろ向きな時に思いっきり後ろ向きになろうと聴いたのもミスチル(深海など)だったし、いやいやポジティブになろうよと思うとき聴くのもミスチル(花、ALIVE、終わりなき旅など)だった。失恋した時に聴いた(OVERなど)のも、不毛な恋に悩んでいたときにヘビロテしてたのもミスチル(UFOなど)だ。恋人(現夫)と喧嘩したときに聴くのもミスチル(Signなど)だったし、大切に思うときに聴くのもミスチル(口笛、君が好きなど)だった。結婚したとき聴いたのもミスチル(Simpleなど)だったし、仕事が嫌なときに聴く(終末のコンフィデンスソングなど)のも、人生を放り出したくなったときに聴くのもミスチル(旅立ちの唄など)なのだ。

そう、人生はMr.Childrenと、本当に共にあった。

Mr.Children Thanksgiving 25

そんなMr.Childrenが今年、配信限定でベストアルバムをリリースした。すべてのシングル曲といくつかのアルバム曲が収録されている。

収録曲おさらい

ひとまず収録曲は次の通り。
アルバムのみに収録されている曲は()でアルバム名を表記している。

Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25

DISC 1
DISC 2
  • ニシエヒガシエ
  • 終わりなき旅
  • 光の射す方へ
  • I'LL BE
  • 口笛
  • NOT FOUND
  • 優しい歌
  • youthful days
  • 君が好き
  • 蘇生(10thアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録曲)
  • Any
  • HERO

Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25

DISC 1
  • くるみ
  • タガタメ(11stアルバム『シフクノオト』収録曲)
  • Sign
  • 未来
  • and I love you
  • ランニングハイ
  • 箒星
  • しるし
  • フェイク
  • 旅立ちの唄
DISC 2
  • GIFT
  • HANABI
  • 花の匂い
  • エソラ(15thアルバム『SUPERMARKET FANTASY』収録曲)
  • fanfare
  • 365日(16thアルバム『SENSE』収録曲)
  • 擬態(16thアルバム『SENSE』収録曲)
  • 祈り 〜涙の軌道
  • End of the day
  • Pieces
  • 足音 〜Be Strong
  • Starting Over(18thアルバム『REFLECTION』収録曲)
  • 進化論(18thアルバム『REFLECTION』収録曲)
  • 未完(18thアルバム『REFLECTION』収録曲)

ここに1曲足すなら

アルバムタイトルが「Thanksgiving 25」なので25曲ずつ収録されているのだと推測する。そのため他の楽曲が入り込む余地はおそらくないと知った上で、でも「もう一曲入れるとしたら」何を入れるかという想像をする。

自分の好きな曲というよりは、ベストアルバムに入っていてもおかしくない曲という観点から選んでいくつもり。

星になれたら

アルバム「KIND OF LOVE」収録曲。
ベスト盤「Mr.Children 1992-1995(通称:肉)」には収録されているが、今作にはない。

町を出て行く「僕」の決意の歌。世代の人であればミスチルの他の曲を知らない人でも知ってることが多い初期ミスチルの代表曲。

何かにつまずいたときは空に手をかざしてみよう
この風はきっとどこかで君とつながってるから

長く助走を取ったほうがより遠くに飛べるって聞いた
そのうちきっと大きな声で笑える日が来るはず

さようなら会えなくなるけど寂しくなんかないよ
そのうちきっと大きな声で笑える日が来るから
動き出した僕の夢 高い山越えて 星になれたらいいな

これからの未来がある若年層の心を鷲掴みにした歌詞たち。とくに「長い助走を取ったほうがより遠くに跳べる」という言葉は多くの若者たちの心の糧になったのではないかと思われる。

LOVE

アルバム「Versus」収録曲。
ベスト盤「Mr.Children 1992-1995(通称:肉)」には収録されているが、今作にはない。

過去の恋人に無責任な愛着を感じてる男の曲で、男性ファンの心を鷲掴みにした名曲。

燃えるような恋じゃなくときめきでもない
でもいつまでも君だけの特別でいたい

でも愛してるとは違ってる

女性目線だととことん自分勝手でおいおいと思うところもあるのだけれど、曲と相まってなんだかとっても名曲。

雨のち晴れ

アルバム「Atomic Heart」収録曲。
くたびれたサラリーマンの曲。全社会人の心を鷲掴みにした名曲。

1DK狛江のアパートには2羽のインコを飼う

優秀な人材と勘違いされ あの日の僕はただ
過酷なしがらみを掻き分けては 頭を下げていた

もういいや もういいや 疲れ果てちまった
そう言って そう言って ここまで来たじゃないか

もうちょっと もうちょっと 頑張ってみるから
ねえもっと ねえもっと いい事があるかなあ
イメージはいつでも雨のち晴れ
いつの日にか虹を渡ろう

歌詞が全般的にいい。本当に狛江の1DKに2羽のインコと暮らしている、そういう人がいるような景色がありありと浮かんでくる。
「もういいや」と投げやりになりながらも「ここまで来た」と自分のしてきたことを振り返り、最後は「イメージはいつでも雨のち晴れ」で締めくくるのが希望になっている。ミスチルファンなら誰もが大好きの曲(偏見)。

「【es】 Mr.Children in FILM」では、メンバーがサラリーマンに扮した実際のライブ映像が見られる。

OVER

アルバム「Atomic Heart」収録曲。
こちらもベスト盤「Mr.Children 1992-1995(通称:肉)」には収録されているが、今作にはない。

恋人に心変わりされて振られてしまった男の曲。往年のミスチルファンの中では外せない一曲。

今となれば
顔の割に小さな胸や 少し鼻にかかるその声も
数えあげりゃきりがないんだよ 愛してたのに

いざとなれば
毎晩君が眠りにつく頃 あいも変わらず電話かけてやる
なんてまるでその気はないけど

今となれば
嘘のつけない大きな声や 家事に向かない荒れた手のひらも
君を形成(つく)る全てのの要素を 愛してたのに

いつか街で偶然出会っても 今以上に綺麗になってないで
多分僕は忘れてしまうだろうその温もりを
愛しき人よ さよなら

イントロがとてもよい。間奏のギターも切なくて良い。歌詞と曲がものすごくあってる。
サビに入る「今となれば」「いざとなれば」の効果が絶妙。
とにかく、この曲を聴くとまるで自分が失恋したかのように感じられる曲というだけで名曲と言える。

ALIVE

アルバム「BOLERO」収録曲。
活動休止直前の暗いミスチルにあって、絶望的な気持ちを抱きながらも希望を見出している一曲。つまずいたときにミスチルファンがこの曲を聴くのは必至というほどの名曲。

この感情はなんだろう 無性に腹立つんだよ

全部降りたい 寝転んでたい

など投げやりな世界観を繰り広げた上で、

夢はなくとも 希望はなくとも 目の前の遥かな道を
やがて何処かで光は射すだろう
その日まで魂は燃え

と無理やり前を向く。

曲としては暗い雰囲気に始まり暗い雰囲気に終わるけれど、歌詞から感じ取れるこうした姿勢は、このあとのMr.Childrenの在り方の、ここが転換点だったのではないかと思えるほどの一曲。「絶望を背負いながら希望を見失わない」という姿勢。「光は射す」という表現は「光の射す方へ」という曲に当然繋がっていくし、「SENSE」収録の「prelude」においても「光の射す方へ」と歌われている。それだけMr.Childrenにとってこの曲で「光は射すだろう」と歌ったことは、意味のあることだったのかもしれないと思わせる。

Hallelujah

アルバム「Q」収録曲。
「and I love you」と双璧をなすラブソング。実際にツアーでは二曲が続けて演奏された。神がかっていた。

ある時は僕の存在が君の無限大の可能性を奪うだろう
例えば理想的な もっと官能的な恋を見送ったりして
だけどこれだけはずっと承知していてくれ
僕は君を不幸にはしない

僕は世の中を儚げに歌うだけに小さな男じゃなく
太陽が一日中雲に覆われていたって変わって君に光を射す

ここでも「光を射す」という表現が出てくる。よっぽど特別な表現なのだなあと思わされる。
自分が万能ではなくても、ときに可能性を奪ってしまうけれどでも、君に光を射していく、そんな覚悟を感じさせる一曲。間違いなく名曲。

ひびき

アルバム「B-SIDE」収録曲。もともとは「しるし」のカップリング。
幸せな一曲。ウェルメイド。

調子外れの下手くそな歌だけど
この声だ その響きだ 一番好きな音は
見つからなかった探し物はポケットに入ってましたと
幸せなんかおそらくそんな感じでしょって
君の声は教えてくれる

血なまぐさいニュース ひとまず引き出しにしまって
風のように 川のように 君と歩いていく

君が好きで 君が好きで 切なさはやってくるんだよ
僕の世界はまた一つ君と響き合って
風のように流れてゆく
川のように流れてゆく

根強いファンがついている曲。さわやかな曲調も歌詞と相まっていい。社会に思いをはせるのを一旦やめて目の前の幸せをちゃんと見ようとするのは昔のミスチルからしたら考えられないほどの心境の変化。という意味では象徴的かもしれない。ただベスト盤に入れるとしたら少し薄味かもしれない。
余談だけれどわたしは子どもが生まれたら「ひびき」と名前をつけるつもりだったくらい。

I

アルバム「SENSE」収録曲。
深海ファンの方とかが好きな曲。久々に黒いミスチルな歌詞で歌っている。

散々好き勝手生きてきた
まだ何を欲しがってるんだい? 天国(ヘブン)かい?
こんな風に日々は続いてくのでしょう
処方された薬にすがりつく「I」

泣いて傷ついたふりして
気を引いてみようかな
そんな風に自分を甘やかすのでしょう
支持してくれるスポンサーに媚びを売る「I」
挙句には死にたいのとか言い出すんでしょう!?
思い通りにいかないときの一発芸 どう?

自分が一番可愛い? ほら当たってるでしょう!?
でもそれを責めたり誰ができるの?

I♡U以降にミスチルファンになった人ならちょっと驚くぐらい露悪的な歌詞。とはいえ自分の中の黒い部分とかどうしようもない部分とかを認めた上でやっていく、というミスチルの基本姿勢にはのっとっている。なのでそうはいってもミスチルらしい一曲と言える。
しかしベスト盤に入れるかと言われたら、癖がありすぎるかもしれない。

fantasy

アルバム「REFLECTION」収録。
まあミスチルらしい一曲。

「誰もが孤独じゃなく 誰もが不幸じゃない
誰もが今もよりよく進化してる」
たとえばそんな願いを 自信を 皮肉を
道連れに さぁ旅立とう

「できないことはない」「どこにだって行ける」
「つまずいてもまたやり直せる」
いわゆるそんな希望を 勘違いを 嘘を
IDカードに記していこう

「僕らは愛し合い 幸せを分かち合い
歪で大きな隔たりも超えていける」
たとえばそんな願いを 誓いを 皮肉を
道連れに さぁ旅立とう
日常の中の ファンタジーへと

と歌ったところまで聞いてから1番の

ゴミ箱に投げ捨てたファンタジーを
もう一度拾い上げたら

につながる。

一般的な希望であるとか祈りであるとかを、「勘違い」「嘘」「皮肉」とした上で、それらを拾い上げてやっていくんだという決意の曲。
それでも「誰もが孤独じゃなく 誰もが不幸じゃない」世界を願う。ありえないからこそその祈りには意味があって、歌い続けることに価値がある。そんなことを感じさせられる。

幻聴

アルバム「REFLECTION」収録曲。
ミスチルの「自分たちが動いている理由」みたいなものがはっきりと歌われた曲。

やっと一息つけるねって思ったのも束の間
また僕は走り出す
決してのんびり暮らすのが嫌いなわけじゃない
ももう一度走り出す

向こうで手招くのは宝島などじゃなく
人懐っこくて優しくて温かな誰かの微笑み
遠くで すぐそばで 僕を呼ぶ声がする
そんな幻聴に耳を澄まし追いかけるよ

僕を手招くのは華やかな場所じゃなく
口下手で人見知りでちょっと寂しがり屋の溜息
遠くで すぐそばで 君の呼ぶ声がする
そんな幻聴に耳を澄まし追いかけるよ

これだけはっきり歌われると「本当ありがとうございます」としか言えない。何か華やかな功績や晴れやかな舞台を目指しているのではなく、一人一人のファンに向き合ってくれていることを、正面からまっすぐに伝えてくれた一曲。さらに、聞いた人がその人の人生を生きるときの指針ともなり得る。二つの意味を持った曲だと思う。

結局どの曲を入れたいか

個人的には「ALIVE」

このエントリを書きながら曲を聴いて歌詞をみてきたわけだけれど、最終的に「もう一曲」を選ぶとしたらわたしは「ALIVE」だ。「光は射す」という表現がその後の楽曲でも出てくることを考えたら、桜井さんにとっても特別な一曲だったんじゃないかと勝手に思う。なぜ今回のアルバムに入っていないのかが謎なくらい、ミスチルにとっては転換期の象徴的な曲なはず。

まあ、なぜ入ってないかと言われたら、「25曲しばり」の中で「蘇生」に勝てなかったということ(1992-2002にはシングル以外の曲が「蘇生」しか収録されていない)なのだけれど。
「ALIVE」と「蘇生」を比べて「蘇生」を入れたかった気持ちはわかる気もするし、まあよし。

みなさんの「もう一曲」はなんですか?

楽しいので考えてみましょう、Let's !